プレビューモード

近所の大学で… (2)

さて、

昨日は金曜日の津田塾大での出来事を書きました。

今日はその次の日、

土曜日に、

これまた同じくうちの近所の武蔵野美術大学での出来事について。

毎年毎年、

俺は大変楽しみにしているのですが、

鷹の台にある

小平市中央公園と

武蔵美をつかって、

この時期、

11月に

野外彫刻展示が行われています。

引っ越してきた最初の年は、

うちのまえの林にいきなりへんなオブジェが並びだして、

「あれ?」って思って、

でも引っ越しで忙しくしてたら

いつのまにかなくなってた

という奇妙な体験。

次の年に

それがアートイベントだと知り、

そのときはじっくり鑑賞。

じぶんちのアパートの前に

いきなりわけわからんオブジェが並び出すって、

めっちゃおもしろいですよ!!

ありがとう小平アートサイト!

今年は、

保育園からの帰りの道に

鉄製の巨大なブラジャーがありました。

(写真撮っとけばよかった。)

毎年、

娘と、

中央公園でこれを見るのを楽しみにしているんですが、

今年は初めて、

武蔵美にも観にいきました。

昨年に引っ越ししてから、

武蔵美はすごく近くなった。

ベランダから、

校舎が見えます。

そのキャンパスを初体験。

すごくおもしろかったです。

特に、帰りにいろんな工房を見せてもらいましたが、

娘は大興奮でした。

Philosophy Sells...But Who's Buying?

Philosophy Sells...But Who's Buying?

家のすぐちかくに、

でっかい鉄材を切ったり、石を磨いたり、木を組み合わせたりしながら、

よくわからないものをたくさん作っている場所があるって、

なんかシュールです。

いいです。

最高です。

こちらが公式サイト。

http://www.musabi.ac.jp/topics/exhibition/10.html

こちらがブログ

http://scpscp.blog27.fc2.com/

残念ながら11月25日まで。

もうすこしで終わってしまうので、

関心のある方は是非!

小平アートサイト'10 ギャングエイジ展

2010/11/08

開催日程:2010年11月15日(月)~2010年11月25日(木)

9:00-17:00 (会期中無休)

開催場所:小平中央公園、武蔵野美術大学9号館地下展示場、武蔵野美術大学構内各所

主催:武蔵野美術大学彫刻学科小平アートサイト実行委員会

後援:武蔵野美術大学、小平市

協力:武蔵野美術大学学生生活課、武蔵野美術大学彫刻学科研究室

オープニングパーティ:

11月15日(月) 17:00~ 10号館前芝生 雨天時2号館

ワークショップ:『モンスターをうみだそう!!』

11月13日(土) 9:30-16:00

11月14日(日) 10:00-14:00

トークイベント:

11月16日(火) 18:00~ 武蔵野美術大学2号館207

ゲスト:東京国立近代美術館研究員 保坂健二朗

アーティスト 丹羽良徳

学生アーティスト 謝花翔陽 山脇紘資

パフォーマンス:

11月22日(月) 16:30~ 武蔵野美術大学2号館吹き抜け

出演者:深谷莉沙 モロル

ゲスト:ダンスパフォーマー ホナガヨウコ

昨年度まで「小平アートサイト」という名で行っていた武蔵野美術大学彫刻学科主催有志展ですが2010年の今年は展示名を「小平アートサイト'10 ギャングエイジ展」と心機一転し開催致します。

毎年様々な学科が集まるこの展覧会は、今年度規模を拡大し武蔵野美術大学生だけでなく東京藝術大学、東京大学、多摩美術大学、早稲田大学、京都芸術大学、愛知芸術大学、桑沢デザイン研究所からも参加していただきます。展示内企画としてワークショップやトークイベント、パフォーマンスイベントも行う、参加人数約70名による過去最大規模の展示となります。