プレビューモード

『週刊現代』の今週号は必読

今週号の『週刊現代』(4月23日号)は読み応えがあった。

保存版だ。

若い人は

おっさん雑誌

と思っているかもしれないが、

とりあえず手に取ってみて欲しい。

最初のグラビアページ。

これまでにどれだけ原発が事故を起こしてきたか、

そしてそれを

どれだけ電力会社が隠してきたか、

非常に分かりやすくまとめられている。

ここでは

少しそれを紹介したい。

##

1973年、

田原総一郎のところに

73年3月に燃料棒溶解事故が起きたが、関電はこれを隠蔽

という内部告発書簡が届く。

田原はこれを記事にしたが、

関電は黙殺。

76年には国会でも取り上げられ

ついに四年後

関電は約四年間、事実を隠していたことを認める。

##

1981年、

敦賀原発で

大量の冷却水漏れ、放射性廃液の大量流出事故。

これも事故の報告をせず、

発電しながら修理していたことが発覚。

##

1999年、

北陸電力志賀原発は

操作ミスで臨界が約15分続いた事実を隠蔽。

内部告発がきっかけで公表に踏み切ったのは

八年後の2007年。

##

2002年、

福島第一原発、福島第二原発、柏崎刈羽原発で

80年代後半から90年代にかけて、

自主点検記録に

29件の改竄がなされていたことが発覚。

2000年の時点で内部告発が通産省に寄せられた際は、

東電は「記録にない」として隠蔽し続けようとしたが、

二年の調査で全容が判明。

現職の社長以下、五人の社長経験者が引責辞任。

##

この異常事態でも

まだ隠していることがあった。

1978年に

福島第一原発三号機に発生していた大事故を隠し通していた。

この事故では7時間半に渡り

臨界が続いていた。

これは日本で初めての臨界事故だった。

どうやら設計ミスによる構造的な弱点が原因。

事故を隠蔽したため、

他の発電所には連絡がいかず、

後年になって、

先の志賀原発事故を初めとした類似の事故が多発。

この78年の事故が公表されたのは、

29年後(!)

の2007年。

東電は

「当時は報告義務がなかった」

と弁明。

こうしたことをしている企業が

前回のエントリー で紹介したようなCMをつくって

原発の安全性を説いていたわけです。

原発60年史のグラビア記事も読み応えあり。

昔は茨城は原子力ブームで、

水戸名産原子核アメ

原研羊羹

銘菓原子炉

なんてものもあったらしい。

原武史と佐野眞一の対談もおもしろかった。

両氏とも

人命救助にツイッターが有効だったとかいう話を疑問視。

佐野氏「現地は携帯電話の基地局がほとんど倒れて何も通じない。」

原氏「ツイッターにしろブログにしろ、ネットでつながっていると信じているのは「中央」の人たちです。」

(p.169-170)

その他の記事も読み応えありです。

お勧めします。